無倣舎 「ゆめみるきかい」特設ブログ

2013年3月9日(日)佐賀にて、プレイバックシアターの演劇ワークショップ開催!!

スポンサーサイト

2016.05.18 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    【公演情報】2015年8月15日(土)

    2015.07.14 Tuesday 18:54
    0
      おばあちゃんとこたつで話した年越し。おばあちゃんは「私はもういなくなってしまうから、のぶちゃんに伝えれる事は話しておくね。」と言った。「おばあ ちゃんが長野にいた子どもの時、遠くが真っ赤に燃えているのが見えたんだよ。これは、大変なことが起きている。そう思ったんだよ。」おじいちゃんはその時 東京にいて、「橋の上に燃えている人がいたそうだ。燃えている人で暖をとっている人もいたそうだ。右に左に夢中で橋を渡ったんだよ。おじいちゃんのお父さ んは銀職人だったんだけど、戦争の時に贅沢な仕事だ。ということで仕事がなくなったそうだ。」僕はもしかしたら職人の子どもだったかもしれない。おばあ ちゃんが僕に語ってくれたように、僕たちも言葉にする必要があると思う。僕たちが出来ること。今日を語る事からはじめたいと思う。 演出家:五味伸之 (30歳)

      無倣舎『8月15日を劇にする』
      構成・演出:五味伸之
      出演:竹内元一(サンピリ)、山下キスコ(01:17)、重松輝紀(バカダミアン)、ケニー(非・売れ線系ビーナス)

      1) みんなで新聞を読む
      2) 気になった記事を切り抜く
      3) 記事を集めて新しい新聞をつくる
      4) 新しい新聞を発表する

      【日時】
      2015年8月15日(土) 15:00〜18:00
      ※受付開始・開場は14:30〜

      【会場】
      くうきプロジェクト ワンコイン実験シアター
      福岡市立青年センター: 福岡市中央区大名2-6-46)

      【料金】
      500円 ※ご予約ください

      【問い合わせ・ご予約】
      muhosha.info@gmail.com
      070-5531-8798(いきもんずでざいん)

      【くうきプロジェクト・ワンコイン実験シアター参加作品】
      実験内容:語り合うことの出来る劇づくり
      実験方法:その日の新聞を使った半参加型

      主催:無倣舎
      まわしよみ新聞原案:むつさとし(観光家/コモンズ・デザイナー/社会実験者)


      JUGEMテーマ:演劇・舞台
      「ゆめみるきかい」作品 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

      スポンサーサイト

      2016.05.18 Wednesday 18:54
      0
        - | - | - | - | - |

        コメント

        コメントする










        この記事のトラックバックURL

        http://muhosha-yume.jugem.jp/trackback/117

        トラックバック


        無倣舎Muhoshaゆめみるきかい

        Promote Your Page Too

        ◆過去の公演情報◆